2012 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 10

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

311つづき「東北大震災」被害はいまだ

kage

2012/09/14 (Fri)

政府は福祉のためと消費税増税を強行し、
途端に
災害支援より
軍備拡大と、
凍結していた大型建設の、
予算を復活しました。
かって福祉充実といって消費税を導入しました。
その消費税分は全て、
米軍が引き起こした戦争支援に行きました。
時の自民党政権が国民を欺し裏切ったのです。
民主党とそれを支援する政党が
大翼賛体制を組み、
同じ事を繰り返しています。
国民を欺し、
生活と人権無視もここまできてしまいました。

さて被災地では、
地元の人達の労苦と
微力なボランティアで、
少しづつ
復興に向っていると言いますが。
住む家がなく帰れない被災者たちは、
311震災被害者意識調査
避難が長期化し(なかなか進まない復興に)、
上の記事のような状況です。

消費税を廃し、
軍備費を削減、
戦争を目的の米軍思いやり予算をなくし
大型ゼネコン優遇予算を凍結し、
安保を破棄
一速く復興のための予算化を望みます。
スポンサーサイト

911、311のその後

kage

2012/09/13 (Thu)

昨日9月11日は911同時多発テロ。
早11年。
そして東北大震災・福島原発事故から
1年半。

9.11同時多発テロはアメリカ政財界の自作自演で
偽情報を流し
敵国を作り出して
湾岸戦争を始めました。
多くの犠牲者を出しました。
日本の政財界も偽情報に乗っかり、
小牧基地から
多くの反対を押し切って派兵しました。
当時、政府・防衛省(庁)は
後方支援とか、物資輸送しかしないとか
言っていましたが、
いろいろなところから情報が発覚し、
C130輸送は
ほとんどが米軍であったという事実が明らかになりました。

今もその状況は変わらず、
米軍支援と、軍備拡大を推進しています。
東北被災・原発被害はそっちのけの
国内経済の復興後回しで
膨大な予算を使っています。
本末転倒していると思います。

日本国憲法 第二十五条 すべて国民は、
健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、
社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に
努めなければならない。』
という国民の人権を無視した行政(政治)にだけ
奔走しているのが現実です。
マスコミもこのことを
全く意識せず放棄し、
政府報道中心の意図的報道をしています。
国民の悲劇です。

しかし、国民は立ち上がりました。
国会前、首相官邸前、電力会社前、
脱原発集会、TPP反対集会、オスプレー来るな集会
等々に、20万人、10万人、等、
多くの参加者を集めています。

しかし、政府財界は、強引に押し通そうと躍起になっています。
マスコミも為政者支援をやめようとしていません。
まだまだ苦しい戦い、運動が続くでしょう。
(こまき9条ブログから)

原爆症認定裁判

kage

2012/09/06 (Thu)

10時45分に到着した時は、
11時から名古屋地裁大法廷での裁判を前に、
裁判前集会が行われていました。
裁判前集会1 裁判前集会2 原告3名(1名欠席)

さて、11時からの裁判は、
3名の裁判官の着席で開始されました。
前回、被告国側の裁判弁論で議論を踏まえて
今回の意見陳述から始まりました。
意見陳述は、矢崎弁護士から
文面にして2ページ。しっかりと陳述されました。

その後裁判長と、原告・被告側弁護士との
やりとりの後閉廷になりました。
狐につままれたような瞬く間(11時15分)の終わりでした。

裁判後の報告会で
裁判後報告会2 裁判後報告会

今日のやりとりが分かりましたが、
今回の陳述で
「相当の討論のやりとりがある」と
裁判長判断で、進行協議をして後、
裁判を再開させようという意図が
あったのではないかということでした。


航空自衛隊小牧基地への誓願

kage

2012/09/04 (Tue)

昨日9月3日昼過ぎ1時から、
13名が航空自衛隊小牧基地で
誓願行動を行いました。

以下2点の回答を求めての請願です。
①「C130H輸送機」の
8月29日車輪を出す油圧計のトラブルから
名古屋空港へ緊急着陸したこと。
C130Hトラブルの回答誓願 と、
②国際航空宇宙展における
「ブルーインパルス」編隊飛行の中止をすること。
ブルーインパルス飛行中止誓願

「C130H輸送機」の
度重なる事故やトラブルと、
基地祭を
「国際航空宇宙展」(10月12日~15日)の
10月13日、14日にしてまで
自衛隊軍事拡大宣伝の「ブルーインパルス」を
飛ばすこと、等、

説明と問題点が参加者から
次から次へ矢継ぎ早に質問が出されました。
しかし、
どれ一つとして満足な回答はありませんでした。

吉川渉外室長からの回答で判ったことは、
C130H輸送機の82号機であること、
トラブル当日3市1町および県へ10時頃、Faxと説明(電話) 
マスコミへ連絡
ブルーインパルスは、梅雨明け頃本省から
国際航空宇宙展への後方支援?地上支援? 等々

いずれも
軍事優先の考え方、
訓練拡大の延長線でのことと思いました。

小牧基地機能強化がますますエスカレートし
小牧基地周辺住民の不安は
ますます増大していく思いが募るばかりで
2時間近くの請願行動は、終わりました。
時計は3時10分前でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。